こんばんは!
無痛整体サロン おりーぶの カジコ です。
いつもありがとうございます(^-^)

今日は更新がいつもより遅くなってしまいました。

今日来てくださったお客さんとお子さんと3人で
ルービックキューブ大会が急きょ開催されまして…
みんなで本を見ながら必死で6面合わせていたら
今の時間になっていました(笑)。

めっちゃ楽しかった~~~♪

 

さて、日曜日から連載企画で続けてきた
「鍼灸師の先生に質問したい!」ですが、
今日・明日はエピローグ的な感じで進めて参ります。

今回、質問に答えて下さった安保先生にお灸や身体のケアについて
考えや想いを自由に書いていただきました。

では、どうぞ。

 

鍼灸師の先生に聞きたい!(6)

カジコ:安保先生のお考えや想いを聞かせてください。

ここまで、カジコが一方的に安保先生に質問させてもらう形で進めてまいりましたが、
安保先生のお考えや想うことがあればうかがえますか?

 

安保先生:対処の1つとして「お灸」を取り入れてもらえればと思っています

僕が書いてあることは「鍼灸師」としてではなく「鍼灸師の1人」としての見解です。
鍼灸師によって使うツボも違いますし、鍼を使うのか灸を使うのかでさえ違います。
(ちなみに僕はほとんど鍼をしません。。苦笑)
○○のツボを刺激したから必ず効果が出るとも限りません。
(これだけ書いておきながらすみません。。)
正解がないのが面白さでもあったりします。
でも理解して欲しいのです。
もし辛い症状が出ている場合、その原因は1つではありません。
だからツボを刺激したから必ず良くなるということは考えにくいのです。
原因は複数あり、それに対する対処の1つとして
「お灸」を取り入れてもらえればと思っています。
つまり、原因も複数あれば答えも1つではありません。
そして人によってその答えも違いますし、その人にあった答えがあるはずです。
だから辛い症状が出ている場合は、「症状ばかりを追いすぎないこと」
「自分の身体を責めないこと」を大事にして下さい。
そして、そうなる前の「予防」がとても大切です。
さらに予防には「継続するということ」が大事になってきます。
身体を冷やさないこと、強い身体を作ること、負けない身体を作ること、
そんな考え方が良い心身の状態を作ってくれると思います。

 

 

*ー*-*ー*-*ー*-*ー*-*ー*-*ー*-*ー*-*ー*

「症状ばかりを追いすぎないこと」というのは、我々の整体とも共通するところですね~。

身体に現れている症状の原因は1つではない。
だからこそ、「この症状にはこのツボが効く」というのではなく、
自分の身体の状態やお灸を使ってみての変化などを
感じながら取り組むことが大切なんですね。

安保先生の「自分の身体を責めないこと」と言う言葉も心に響きました。
かつての私は、具合が悪い自分の身体が大嫌いで、
自分の身体とケンカしているような生き方をしていました。
「あんたなんか大嫌いや!」って私と、私の身体とが言い合ってる感じでした(笑)

その時の私には「自分の身体を責めないこと」という姿勢が必要だったのかもしれませんね。

安保先生、ありがとうございました!

 

さて、いよいよ、明日はこの連載企画の最終日です。
明日もみなさんどうぞお楽しみに~~~♪