こんにちは!
無痛整体サロン おりーぶのカジコです。
いつもありがとうございますヽ(^o^)丿☆

「自律神経」という言葉。
最近、よく見かけますよね~。

雑誌でも特集されていたりして、
本の表紙やテレビ欄でみる機会も多くなりました。

そんな「自律神経」ですが・・・

 

それって・・・何でしょう???

 

なんとなく解るような・・・解らないような・・・。
頻繁に見聞きする割にはイマイチよく解りませんよねぇ(汗)

そこで、今日からしばらく「自律神経」について
書いていこうと思います。

なるべく解りやすい言葉で、
難しい言葉を使わないように、
ゆっくりペースで説明していきますので、
しばらくお付き合いいただけたらと思います。

 

まず、「自律神経」という言葉を辞書で調べてみました。

じりつしんけい【自律神経】

脊椎動物の末梢神経系の一。生体の意志と無関係に、内臓・血管・腺などの機能を自動的に調節する神経系。交感神経と副交感神経から成り、多くは一つの器官に対し互いに拮抗きつこう的に作用している。植物性神経系。不随意神経系。(大辞林 第三版)

 

 

う~ん・・・辞書で調べても解りにくいですね・・・(汗)

 

もう少しやさしい言葉で言い替えてみると、

・本人の意志とは無関係に、身体の機能を調節するシステム。
・自律神経には「交感神経」と「副交感神経」がある。
・交感神経と副交感神経がバランスを取り合って作用している。

・・・と、こんな感じでしょうか。

次回は、自律神経の働きについてもう少し詳しく説明していきます!

 

 

ここで押さえておきたい 3つのポイント!

・自律神経は自分の意思では動かすことのできない身体のシステム。

・内臓を動かしたり、血圧や血流を調節したり、ホルモン分泌を調節したり、生命を維持するうえで根幹となる部分をコントロールしている。

・自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、その両方がバランスを取り合いながら身体を調節している。